「しあわせ菓子 ふらん・どーる」さま 企業訪問

広報活性化委員会の山田美由紀と村上佳音です。本年度の広報活性化委員会の活動として、会員企業さまをホームページ上で紹介する事になり、まずは第一弾として我々女子チームで、金沢市東山で明治40年創業、そして昨年9月には新店舗もOPENし、現在は同市内でケーキ・洋菓子店を3店舗展開なさる金岩重典会員にお話しをうかがってきましたので紹介いたします。

山田・村上:日創研との出遭いについて教えて頂けますか?

金岩:過去には、売上が低迷し資金繰り出来ない時期もあった上、夢を持って入社してきた社員さんがクリスマスやお正月の繁忙期を過ぎると不平、不満の声が目立ち始め、一年と続かずに辞めてしまう人もいて、なかなか人が定着しない時期がありました。そして当時の自分は、そう言った社員さんを見て「辞めていきたい者は、辞めればいい!」という考えしかありませんでした。もちろん、そんな風だと楽しい日々など続くはずもなく、全てを清算して会社を辞めようとまで思っていたんです。その時、尊敬していた三田市の塚田社長に薦められて、日創研と出遭い学びのスタートとなりました。

山田・村上:学び続けた事による変化を教えて頂けますか?

金岩:売上の低迷・資金繰りは、原点に立ち返り商品開発を行い辛抱強く販売し続ける事で少しずつ改善していきました。そして社員さんの定着に関しては、日創研の研修を重ね、人間観、人生観、仕事観を養うことで、社員さんが定着する会社へと変化していったと思います。

社長室一面に貼られている社員さんの「人生目標」

山田・村上:経営研究会に入会して良かった事を教えて頂けますか?

金岩:委員長・副委員長などを経験する事によって主観的な最適を考えるのではなく全体最適を考えた組織運営を学ぶことが出来たと思います。結果、自社での委員会運営、イベントなど、社員さんのアイディアを生かし任せることが出来るようになり自立心や経営感覚を育てる人財育成に繋がっているのを感じています。

山田・村上:「ふらん・どーる」さんの社員育成について教えて頂けますか?

金岩:一例になりますが、以下の様な事に取り組んでいます。
・社内委員会の運営
・毎月の「理念と経営」勉強会
設問表は金岩社長自ら作成しパートさん、正社員さんで変えている。金岩社長は自ら赤ペンでフィードバック!

山田・村上:新店舗をオープンした理由を教えて頂けますか?

金岩:社員さんの成長を考え、頑張って自分達の力で課題を乗り越えていける場をつくり、経営者感覚をもった社員さんを育成したいと思ったのが一番の理由です。 そして、新店舗をオープンした結果、社員さんがチャレンジし続けているのを実感しています。

最後に、金岩委員、社員の皆さんの笑顔、そして、店内のお客さまの笑顔がとても印象的でした。大変お忙しい中、インタビューにお時間を頂いた金岩委員、本当に有難うございました。

カテゴリー: 会員企業だより, 勉強会, 委員会, 活動の様子   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

▲このページの先頭へ